展示の紹介

本館第一展示室


本館第一展示室


荒川と人々のくらしとの関わりがメインテーマ

鉄砲堰の放水実演

鉄砲堰の放水実演

本館第一展示室は常設展示で、「荒川と人々のくらしとの関わり」をメインテーマにしています。川と人とのつきあいを取り戻し、未来に向けてより良い関係を作ることを目指しています。

展示室は大きく2つのゾーンに分けられています。

第1ゾーンは、荒川の5流区を環境造形して、実際に水を流し、鉄砲堰、船車、荷船などの大型復元模型を設置しています。時代として、近代を設定しています。
ここでは、実際に乗ったり動かしたり、あるいは展示資料に自由にふれることができます。また、これらの造形は解説や演示の舞台にもなります。

第2ゾーンは、今日的な川の抱える諸問題を考えるゾーンで、荒川にちなむ信仰、水の浄化、治水などのテーマ展示と、川と水の科学を実験したり、水の性質を体感できるワークショップからなっています。

南側壁面には大型パノラマスクリーンがあり、定刻に「あさぎ」が上映されるとともに、解説や演示とあいまった映像(鉄砲堰・荷船)が上映され、劇場型の展示空間になっています。

本館内映像上映・イベント開始時刻


  パノラマ映像「あさぎ」
上映(約12分)
鉄砲堰実演イベント
(約20分)
荷船解説イベント
(約10分)
船車解説イベント
(約10分)
第1回 10:00 10:20    
第2回 11:00   11:20 11:45
第3回 12:00 12:20    
第4回 13:00   13:20 13:45
第5回 14:00 14:20    
第6回 15:00   15:20 15:45
第7回 16:00 16:20    
第8回 ★17:00   ★17:20  

*★印は夏休み期間の土・日曜日、8/11~15のみ実施します。
*開始時間は都合により変更になる場合があります。