展示の紹介

平成25年度特別展「和船大図鑑 ~荒川をつなぐ舟・人・モノ~」


サムネイル:平成25年度特別展「和船大図鑑 ~荒川をつなぐ舟・人・モノ~」

荒川、利根川、新河岸川など、多数の河川が流れる埼玉県内においても、今日川を行き交う船の姿を見ることはほとんどなくなりました。しかし、江戸時代、「舟運」が物流の中心であった頃、川には多くの「和船」と呼ばれる、日本独自の発達を遂げた船が行き交っていました。

今年度の特別展のテーマはこの「和船」です。本特別展では、江戸時代に編纂された『船艦』に登場する和船の模型を展示し、和船の紹介をするとともに、航行の安全等を祈願し神社に奉納された船絵馬や、船乗りの信仰である大杉信仰に関連する「大杉囃子」に使用する楽器、そして現在は失われつつある船大工の技術を伝える大工道具等も展示します。

これら一連の和船文化を通して、匠の技や先人の知恵と工夫、そして人々が川と船に込めた思いを感じていただければ幸いです。

  • 期間:平成25年7月13日(土)~9月1日(日)
  • 場所:川の博物館 本館 第二展示室

【特別展関連イベントのお知らせ】

特別展の開催にあわせて、関連イベントも実施いたします。
事前に申し込みが必要なイベントもございますので、御確認ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

○関連イベントⅠ 「和船細工ジオラマ解説」
江戸時代の和船や河岸場の様子を、100種類以上の和船ジオラマで展示します。

日にち: 7月19日(金)~21日(日)
講 師: 中山 幸雄 氏
場 所: かわはく本館2階 ふれあいホール
時 間: 10:00~16:00(途中に休憩をはさみます)


○関連イベントⅡ 「大杉囃子の実演」
かわはく夏まつりの開催にあわせて、航海安全や悪厄退散を願う大杉信仰とともに
広まった大杉囃子の実演をしていただきます。

日にち: 7月28日(日)
演 者: 柳生大杉囃子保存会
場 所: 噴水広場
時 間: ①11:30~12:00 ②14:00~14:30


○関連イベントⅢ 「船絵馬づくり」
絵馬に船の絵を描いて、船絵馬を作ります。

日にち: 8月3日(土)・24日(土)
場 所: 本館2階 講座室
時 間: ①8月3日(土)  ・10:00~12:00 ・13:30~15:30
      ②8月24日(土) ・10:00~12:00
定 員: 各回25名 参加費: 300円


○関連イベントⅣ 荒川ゼミナール「青空教室」和船体験
江戸時代に運河で会った横十間川で和船(網船)に体験乗船し、
その後周辺の散策を行います。。

日にち: 8月4日(日)
講 師: 和船友の会
場 所: 横十間川親水公園(東京都江東区)ほか
時 間: ①9:30~12:30 ②13:30~16:30(予定)
定 員: 各回15名
参加費: 300円(保険料・入館料)
*イベントの詳細につきましては、申し込みの際にご説明いたします。


○関連イベントⅤ 「講演会」
埼玉県内の神社に奉納された船絵馬や、かつて舟運が栄えた河川沿いで
活躍していた船大工に関して、お話していただきます。
日にち: 8月24日(土)
講 師: 大久根 茂 氏(埼玉県立自然の博物館 専門員兼学芸員)
      内田 幸彦 氏(埼玉県立歴史と民俗の博物館 主任学芸員)
場 所: かわはく本館2階 ふれあいホール
時 間: 13:30~16:00


*Ⅲ~Ⅴについては、事前に申し込みが必要です。
  申し込みは、各イベントとも1ヶ月前から電話・Fax・E-mailで受け付けています。
*Ⅰ&Ⅱについては、当日参加でOKです。