展示の紹介

企画展 「地図でたどる荒川」


サムネイル:企画展 「地図でたどる荒川」

●荒川の地図をいろいろ●
地図といっても地形図、古地図、地質図などさまざまな種類があります。今回の展示では、荒川流域にまつわる、多種多様な地図を集めました。

●熊谷の今昔を地図で●
「熊谷の今昔(いまむかし)~熊谷の100年七変化~」として埼玉県北部の中心地である、熊谷周辺地域にスポットを当て、新旧の地図7枚を比較し時代の変遷をたどります。 そのほか、明治前期に測量された「2万分の1フランス式彩色地図」の復刻版によって当時の土地利用や市町村を紹介します。

●学問を地図で表現する●
立正大学地球環境科学部と連携し、「学問を地図で表現する」として、荒川流域をテーマとした研究成果を地図で表現している例を紹介します。

さらに、地図とは何か?という基礎的な話から、地図を作成するための機器類の紹介なども行います。

  • 会期:2011年5月21日(土)~6月26日(日)
  • 会場:本館1階 第2展示室