展示の紹介

1月企画展「地図からみえる世界」


サムネイル:1月企画展「地図からみえる世界」

 人は、古来より地図をつくり、利用してきました。地図が教えてくれることはじつにたくさんあります。
 古代の地図をみると、その当時の世界観を知ることができます。日本で初めて実測した日本地図を作ったのは、伊能忠敬を中心とした測量隊で、その地図は「伊能図」とも言われています。展示では、この伊能図も含めた古地図などから、地図の歴史を紹介します。
 また、地図に示された地形の状況から、災害予測を行うこともできます。明治前期に作られた迅速図、最新の技術をもとにつくられた地図から、珍しい外国の地図や地図グッズまで、さまざまな地図を展示します。

  • 期間:平成25年1月12日(土)~2月3日(日)
  • 場所:川の博物館 第2展示室

▲伊能大図(米国)彩色図 国土地理院蔵


■主な展示内容■
プトレマイオス世界図
1.地図の歴史
★伊能大図(複製)の埼玉県部分を一堂に展示します。
・古代の地図:バビロニアの世界図(現存する最古の地図)、
         プトレマイオスの世界図など
・中世の地図:ヨーロッパでつくられたTO図など
・16世紀から18世紀にかけてつくられたアジア図の変遷
・江戸時代の道中図、絵図など、江戸の庶民がみていた地図
 などから、当時の世界観をさぐります。

                                             ▲プトレマイオス世界図 岩波書店 刊
2.明治と今をくらべてみよう
★明治前期につくられた迅速測図と、現在の航空写真で、
 荒川流域(熊谷~赤羽付近)の昔と今を比較できる大型地図
デジタル標高地形図  (ともに約1m×約5.5m大、1万分1スケール)を展示します。
 約120年の変化から、どのようなことが読み取れるでしょうか?

3.地図からみえる凸凹(でこぼこ)
★荒川流域のデジタル標高地形図で、荒川流域の微地形
 をみてみよう!そこから読み取れる防災情報とは?
 (今回の展示のために、オリジナルで地図作成)
★赤色立体地図で秩父盆地をみてみよう!
 (今回の展示のために、オリジナルで地図作成)
・赤青メガネで海底、陸上の地形が3D に見える地図を、
 それぞれ大型地図で展示します。                       ▲デジタル標高地形図 「東京都区部」の一部
                                               (一財)日本地図センター 提供

4.いろいろな地図 
・視覚障害者のための触地図
 (今回の展示のために、川の博物館周辺のものを作成)
・押し花で作られた埼玉県地図(等高段彩図)
・外国の地図
・地図が描かれた切手、地図に関するグッズ   など、いろいろな地図を展示します。



■関連イベント■

ミュージアムトーク「デジタル標高地形図ができるまで」
日時:2013年1月13日(日) 11:00~,14:00~ (1回30分程度)
場所:川の博物館 第二展示室
講師:津沢 正晴 氏 ((一財)日本地図センター)
内容:展示室内で、荒川流域のデジタル標高地形図を見ながらお話して頂きます。
定員:各回20名 ※要事前申込
費用:無料
  
講演会「火山災害・地震災害・水害と地図の役割」
日時:2013年1月27日(日) 13:30~15:00
場所:川の博物館 ふれあいホール
講師:関口 辰夫 氏 (国土地理院)
内容:火山・地震・洪水などの災害用調査図を紹介し、
    地形の状況から読み取れる災害予測について紹介します。
定員:80名 ※要事前申込
費用:無料
    
  ※各イベントの申し込みは、1か月前から受け付けます。事前申込者は入館料が無料となります。

■協力■ (敬称略・順不同)
国土地理院、地図と測量の科学館、(一財)日本地図センター、海上保安庁海洋情報部、防災科学技術研究所、
利根川水系砂防事務所、さいたま市立博物館、アサヒスタンプ、アジア航測株式会社、東京カートグラフィック株式会社、
立正大学地球環境科学部、立正大学地球圏探究サークル=DISCOVERY=、鈴木厚志、田中敬子