展示の紹介

大陶板画


大陶板画

大陶板画 川合玉堂「行く春」

本館外壁に、川合玉堂の筆になる重要文化財「行く春」を、長さ21.6m、高さ5.04mの大陶板画(信楽焼)にして展示してあります。屋外に展示した日本画の大型美術陶板としては、日本一の大きさです。

「行く春」は、大正5年作の傑作で、大正2年に訪れた長瀞の岩畳と中流域の船車を描いた6曲1双の屏風絵です。原画は東京国立近代美術館所蔵です。