展示の紹介

水車小屋広場


水車小屋広場


水車が生み出すエネルギーのメカニズムを学習

埼玉県にかろうじて残っていた水車2棟を解体し、敷地内に復元したものです。実際に水の力で動きます。水車が生み出すエネルギーのメカニズムを学習できます。
また、広場には大洞第二発電所で使用されていた発電用のフランシス水車も展示しています。


皆野のコンニャク水車

皆野のコンニャク水車

皆野町日野沢で昭和35年頃までコンニャクのアラコ挽きに使用されていた水車です。荒川の支流である日野沢川から水を引いて上掛けで鉄輪水車を回していました。鉄製輪輪は直径が7.3mあります。覆屋は昭和建築風の新築で、原状とは異なっています。

東秩父の精米水車

東秩父の精米水車

東秩父村大内沢で昭和20年頃まで稼働していました。その後、花園町の旧家で庭園の一部として保存されていました。本来は上掛け水車ですが、敷地の関係で胸掛け水車にしています。